ホーム > 目次 > 呟き尾形の色の心理学

呟き尾形の色の心理学 第180回
 国旗と色 58 国旗のオレンジが象徴するもの 2
 インドの国旗 糸車が法輪になった経緯

 

メルマガ購読・解除
呟き尾形の色の心理学
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

 



★★★
 ボォン ジョルノ、こんにちわ。クニークルスです。
「こんにちわ。みなさん。ムーシコスです」
《こんにちわの、めぐたんなのだ(⌒o⌒) 》
『こんにちわ。呟き尾形です』
「前回は、インドの国旗についてで、もともとは、法輪
じゃなくて、糸車が描かれていたってはなしだったよね」
『そうですね。
 さて、糸車が法輪になったのは、さまざまな事情と経
緯があります。
 現在の国旗は、インド国民議会が1931年に採用した3
色旗に由来するデザインとなっています。
 インドは長らく、イギリスの支配下にありました。
 イギリス支配下からの独立を目指したガンディーは、
1921年にインド国民会議に対して民族自決・自治獲得
運動、いわゆるスワラージ運動の象徴としての旗のデザ
インを提案しました。
《すわらない運動なんて退屈じゃないか?( ´△`)アァ- 》
 スワラージ運動だよ、めぐたん。
 スワは自己、ラジは統制を意味するので、スワラージ
で自治という意味になるね。
『インドの言葉で自治、独立を意味するスワラージです
が、1906年,イギリスによるベンガル分割法に対する抗
議運動のなかでスワラージが唱えられ、次第に植民地統
治のもとの自治の拡大から、イギリスからの独立の要求
となりました』
「独立運動の合言葉だったってことだね」
『そうとも言えますね。
 言葉の意味が変り、29年以後にはプールナ・スワラー
ジ、完全独立が叫ばれました。
 このスワラージ運動につかわれた最初の旗は白・緑・
赤のストライプに、スワラージや英貨排斥・スワデー
シーの中心であった糸車運動に使われました。
 大量生産方式によって綿織物をインドにダンピングし
たイギリスの機械文明に対抗する、伝統的な糸車を配し
たものでした』
《便利がいいってことじゃないものなo(*^▽^*)oエヘヘ!》
『1931年に国民会議は新たなスワラージ旗を策定した。
 それは現在のインド国旗と同じサフラン・白・緑のス
トライプに、青の糸車を配したものでした。
 1947年8月にインドはインド連邦として独立することな
りましたが、制憲議会においてインド国旗の制定作業が
行われました。
 国旗制定委員会は6月23日にスワラージ旗を元にした新
国旗を策定したが、国旗のシンボルは特定の共同体や運
動を代表するものであってはならないという判断により、
糸車のかわりに仏教のダルマ(法)を意味するアショー
カ・チャクラを配することとなったのです。
 ガンディーは糸車の排除に不服であったが、結局これ
を受け入れた。7月22日の制憲議会で満場一致で採用が
可決されたのでした』
 それじゃアルデベルチ。















     前へ   ・

質問、感想などは 、呟き尾形の色の心理学 掲示板に書き込みしください。 

 

タイトルへ戻る