ホーム > 目次 > 占いが非科学的だと思う方へ > メールマガジン占いが非科学的だと思う方へ 

 
占いが非科学的だと思う方へ


(*^0^*)(☆o☆)(◎−◎)(ー_☆)(#^∇^#)/(^¬^)


占いが非科学的だと思う方へ 187号 科学的な方法 1 古典的なもの

(-_-;)(ToT)凸(●―●メ〇o。.(-。-)y-~~~メテオ!( ・_・)ノミ★
 占いって、ペテンなんでしょうか?
 いいえ、違います。少なくとも、占いのKNOW−HOWには、ペテンの
技術は使われていません。



登場人物紹介
『呟き尾形』:メールマガジンの運営者・・・のはず
【フォルス・テッセラ】:オチこぼれ占い師
<アルクィン・ピクトル>:現実主義者の盗賊


※各台詞は、名前を囲んでいる括弧の人物の台詞です。
 また、先頭の文字に引用符(>という記号)がつくものは呟き尾形の
返信メールの引用部分です。

”占いが非科学的ではないと思う方へ”の目次へ戻る

質問等は、占いが非科学的だと思われる方へ 掲示板などに書き込みしていただければ、モチベーションもあがります(笑)

 

 

メルマガ購読・解除
占いを非科学的だと思う方へ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

 


★★★
『こんにちわ。呟き尾形です』
<よっ! アルクィンだ>
【こんにちわ。フォルス・テッセラですよぉ〜】
『前回は定量化を過度に重視することのデメリットについて、お話
しました』
<まぁ、定量化を過度に重視するってのは、議論の肝からそれる
ってことはわかったが、だからといって定量化を軽く見ちゃいけねぇ
だろ>
【そうですねぇ。
 今回から、そもそも、科学的な方法というのは、どういったもの
なのか、立ち戻って議論するのは、どうでしょうねぇ】
<望むところだ>
【まず、科学的な方法というのは、未解明な対象に関連性、法則を見
出し、立証するための体系的方法であることは異論ありませんよねぇ】
<ああ、問題ねぇ>
【このとき、未解明な対象というのは、事象としては認識されている
けれども、法則性が未解明なものということですねぇ】
<ああ、そういった未解明なことを実験や観測で解明するってことだ
ろ>
【はい。
 言い換えれば、科学的な方法というのは、断片化された散在してい
る雑情報を体系化し、新たに実験や観測をする方法だということがい
えるでしょうねぇ。
 さて、科学的方法に関する指針については、時代や様々な立場によっ
て変化しますが、見解が調査、論証、あるいはそれらの手法が、科学
的であるために必要な要件として、証拠、推論過程、結論に関するい
くつかの特徴、及び調査手段におけるいくつかの特徴に関して、ある
程度の共通理解がありますよぅ。科学的な方法の古典的な基本は、17
世紀にデカルトが方法序説で示した原則がありますよぅ。明瞭判明の
規則、要素分解、具体から抽象へ、総合というものですねぇ。
<明瞭判明ってのはどんな意味だ?>
【明瞭判明の規則は、明らかに真理と認められたものだけを判断の
基準とするということですねぇ。デカルトといえば、方法的懐疑で
有名ですが、明確でないものを疑えるものとし、明確に正しいと認
められたものだけを判断基準にするということですねぇ】
<要素分解ってのはなんだ?>
【要素分解は解決可能な要素に分解して考察することで、客観的な
分析することですねぇ。】
<このときに定量化するってことだな>
【定量化が可能なものはそうですねぇ。
 で、具体から抽象へというのは、単純なものが明確になったら、
複雑なものへと順番に認識を整理するということですねぇ】
<最初から難しくしちゃいけねぇってことだな>
【はい〜。そして、総合として、見落としがないことを十分に確か
めて、完全な列挙と再構成により全体を再構成するわけですねぇ】
<間違えとは言わねぇけどよぉ。17世紀って昔のことだと、なん
つうか、古くねぇか?>
【確かに、17世紀に提示されたというのはそういった印象を持つ
かもしれませんが、時間と正しさは関係ありませんよぉ。というよ
りも、昔から言われていることで現代でもこうして提示され続けて
いるということは正しいからこそ、というものでしょうねぇ】
『はい。今回は、ここまでにしましょう。
 続きは次回ということで』




 

    

          前へ      ・

 

 

 

呟き尾形の占いの話
 呟き尾形が占星学についてまとめた、ノート代わりのblogです。


占いを非科学的だと思う方へ@へ